製品情報

PRODUCTS

HOME > 製品情報 > デンタパールW

薬用歯みがき粉

  • 商品写真1

医薬部外品

デンタパールW

薬用歯磨き粉

β-TCP(基剤)とフッ素を配合

容量: 108g

デンタパールWは、“フッ素入り歯みがき剤"(青色ペースト)とハイドロキシアパタイトの前駆物質“β-TCP(基剤)入り歯みがき剤"(白色ペースト)を2重のチューブに充填し、歯を白くすること、歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)やむし歯を予防すること、をめざした新しい発想の歯みがき剤です。
本製品は科学技術振興機構の事業の一環である新技術の独創モデル化事業として開発されました。

  • 青色ペーストに配合されているフッ素(フッ化ナトリウム)は、歯の表面のエナメル質を耐酸性にして、歯質を強化し、むし歯を予防します。
  • 白色ペーストに配合されているβ-TCP(リン酸三カルシウム)は、歯の白さの元となるエナメル質の97%を構成するハイドロキシアパタイトの前駆物質です。生体親和性が高いとされていることから、歯科の領域では人工骨の原料としても使用されています。
  • フッ素の再石灰化作用によって、歯の白色度を増します。
  • ビタミンE(酢酸トコフェロール)は末梢の血液循環を改善し、殺菌作用のイソプロピルメチルフェノール(IPMP)、洗浄効果のラウロイルサルコシンナトリウム、チャ乾留液(香味剤)の作用により、虫歯・歯周病予防、口臭防止効果を高めます。
  • フッ素イオンとカルシウムイオンとの接触による、フッ素の効果の低下を防止するために二重チューブの構造になっています。

説明書

効能・効果

歯を白くする、むし歯の発生及び進行の予防、口臭の防止、歯周炎(歯槽膿漏)の予防、歯肉炎の予防、口中を浄化する、口中を爽快にする

用法・用量

適量を歯ブラシにとり、歯及び歯ぐきをブラッシングしてください

成分・分量

  • 基剤 リン酸三カルシウム(β-TCP)、 トウモロコシデンプン
  • 研磨剤 歯磨用リン酸水素カルシウム
  • 薬用成分 フッ化ナトリウム、トコフェロール酢酸エステル、イソプロピルメチルフェノール、ラウロイルサルコシンナトリウム
  • 溶剤 濃グリセリン、ソルビット液、ポリエチレングリコール400
  • 発泡剤 ラウリル硫酸ナトリウム
  • 乳化剤 ショ糖脂肪酸エステル
  • 結合剤 カルボキシメチルセルロースナトリウム
  • 安定剤 軽質無水ケイ酸
  • pH調整剤 クエン酸、クエン酸ナトリウム
  • 防腐剤 パラオキシ安息香酸エステル
  • 香味剤 チャ乾留液、サッカリンナトリウム、香料(ペパーミントタイプ)
  • 着色剤 青色1号

製品に関するお問い合わせ

お客様窓口

TEL 03-3952-0100

月~金曜日 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)